オーラルヘルスタブレット

ライオンのオーラルヘルスタブレットをニオイチェッカーを使って効果実験してみました。システマシリーズのこのタブレットは「歯科用」と書いてあって本格的な口臭ケアができそうな予感。他の口臭サプリとの比較もしてみましたので是非参考にしてみてくださいね。
MENU

オーラルヘルスタブレット

オーラルヘルスタブレットの効果実験|購入者の口コミ【※画像あり】

 

ライオンSystema-オーラルヘルスタブレットは、乳酸菌の働きによって口臭の原因になっている口内環境(善玉菌よりも悪玉菌のほうが多い状態)を正常な状態にすることで口臭をケアする歯科用に開発されたタブレット。

 

 

 

口臭ケアするだけではなく、虫歯や歯周病を予防する効果もあるそうです。

 

 

 

公式サイトに書いてある商品の要点をまとめると

 

  • ライオン歯科材株式会社が歯科のために商品化
  • 1gにつき3億個のLS1乳酸菌が入っている

 

口の中には100億個の菌が存在しているらしいですが、善玉菌悪玉菌が目に見えるわけでも動いているのを感じれるわけでもないのでいまいちピンときませんが、「なんとなく凄そう」というのと「歯科用」と書かれている部分に魅力を感じて購入しました。

 

 

オーラルヘルスタブレットの使用感レビュー

 

早速購入して開封。
タブレットの形状は厚めの錠剤タイプです。

 

このタブレット自体けっこうな匂いがします。

 

当然臭いという類ではなくミントの爽やかな匂いなのですが、外出時に持ち歩いて飲むことを想定すると周りの人に気づかれるレベルだと思います。

 

 

どのくらい匂いがするのか臭い計測器で計測してみました↓

 

比較対象として参考になるかわかりませんが、私の通常時の口臭の平均値が130〜150くらいなので結構高い数値です。

 

 

 

これを飲みこむのではなく口の中で溶けるまで舐めます。

 

箱に書いてあるとおりミントの味がしたのですが、クールミント味と書いてあるのでガムのクールミントを想像していましたがそれとはぜんぜん違う味です。

 

お菓子ではないので当然かもしれませんが、ミントの風味がありながらもヨーグルトのような味を少し感じました。

 

ほんの少し甘みがあります。

 

 

舐めていると口の中のネバネバ感がなくなる感覚があり、特に舌の表面に変化を感じました。
そして唾液がいつもよりあきらかにサラサラになっていることに気づきました。

 

舌苔が原因の口臭にも効果がありそうです。

 

 

 

使用前と使用後の臭いレベル

 

臭い測定器を使ってオーラルヘルスタブレットを舐める直前と直後の数値を計測してみました。

 

 

左が飲む前、右が舐め終わった直後の数値です。

 

ミントの匂いで口臭の悪臭はなくなりました(妻談)が、臭い計測器は臭いの種類に関係なく臭いそのもののを数値として表すので、ミントの香りに反応して数値が高くなったようです。

 

ですが、ミントの匂いといってもガムやフリスクのような強い匂いではなく、近くで嗅がないとわからないレベルです。

 

そしてその後1時間経過したときに計測した結果です↓

 

 

ほぼ元の数値に戻りました。

 

 

 

1週間続けて感じたこと

1週間、計測しながら続けましたが実感できるほどの効果は得られませんでした。
オーラルヘルスは「善玉菌と悪玉菌のバランスを整える→口臭がなくなる」という物で、毎日続けることでを徐々に徐々にバランスを整えるので効果を感じられるまでにはもっと日数が必要なんだと思います。

 

私はとにかく使ってすぐに口臭がなくなる即効性と効果の持続時間を重要視していましたのでこれ以上は使いませんでしたが、時間がかかってもいいから口内環境を整えたいという人は続ける価値があるかもしれません。

 

 

 

このページの先頭へ