口臭 後鼻漏

後鼻漏が原因の口臭はどんな臭いがするのか、臭いの特徴や対策法についてまとめています。
MENU

後鼻漏が原因の臭いの特徴

 

口臭の原因が後鼻漏だった場合、鼻水が喉から口内に落ち、その鼻水によって細菌が繁殖しやすい環境が口内で誕生。それによって細菌が増殖することで口臭が発生します。
具体的にどのような臭いかと言うと、

  • 大便のような臭い
  • 生臭い臭い

等が挙げられます。

 

かなり不快で独特な臭いであることが分かりますが、自分が話しをする度にこのような臭いがしていると思うと本当にショックですし、早くなんとかしたいという気持ちになりますよね。

 

 

口臭が後鼻漏特有の臭いに該当する場合

 

後鼻漏に心当たりがあり、自分の口臭が後鼻漏の臭いの特徴と一致するという方のために後鼻漏の治療方法についてご紹介します。
臭いの原因になっている後鼻漏をしっかり治療すれば、口臭も改善されていきます。
しっかり治療して、口臭の悩みから解放されましょう。

 

まずは第一に、病院できちんと診断してもらうことが大切です。
耳鼻咽喉科を受信して、症状の状態を把握して上で適切な治療を受けるようにしましょう。
主な治療方法としては、症状が軽い場合は投薬や鼻洗浄による方法。

 

重い場合だと、手術で粘膜を切除したり、粘膜注射を行う方法等があります。
このように病院で治療を受けるほかにも、後鼻漏改善のために自分で行える対策方法がいくつか存在します。

 

 

 

日ごろからできる後鼻漏の対策方法

ここからは日ごろからできる後鼻漏の対策ついてご紹介しましょう。

 

まずは、乾燥対策です。
後鼻漏は、鼻の粘膜が炎症していることが多いので、常に乾燥しないようにすることが大切です。
そこで、日常的に行いたいのがマスクの着用です。

 

マスクをしていれば、吐いた息から出た湿気がこもって保湿がされるので、日ごろからマスクをするようにし、鼻の粘膜の乾燥を防ぐようにしましょう。

 

普通のマスクの他に、「ぬれマスク」というものが市販されています。濡れた状態のフィルターを、マスクについているポケットに入れて着用する商品で、日中や寝るときに着用すると効果的です。

 

部屋の加湿も行いましょう。
加湿器等を利用して室内の湿度を50%〜60%に保つようにしてください。
湿度は低すぎると乾燥してしまいますし、高すぎても雑菌やカビが繁殖してしまいます。

 

加湿器が家にないという方も、洗濯物を部屋で干すようにしたり、観葉植物を置くようにするだけで加湿効果が得られます。
観葉植物はインテリアにもなりますし、空気を浄化する働きも持っているので、過ごす時間が長い部屋に置いておくと良いでしょう。

 

洗面器やコップに水をはって置いておくだけでも、加湿器の代わりになります。
入浴後に浴室のドアを開けっぱなしにしておくのも、浴室内の蒸気が部屋の方に流れていき、加湿効果が期待できます。

 

家庭用吸入器を購入して自宅で加湿を行うという方法もあります。
購入の際には生理食塩水を使えるものを選ぶようにすると、吸引するときにむせたり、鼻が痛くならならないので安心です。

 

 

また、生理食塩水には血液や鼻水等の体液と塩分量が同じなので、吸い込むことで鼻の血流が良くなり、粘膜の状態が良くなる作用もあります。

 

 

乾燥対策の他に、漢方薬を飲むことも改善の効果が期待できます。
ドロドロした鼻水がでる場合は、柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)
という漢方薬が粘膜の炎症を抑える作用があるので効果があると言われています。
サラサラした鼻水の場合は、苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)という漢方薬が向いています。

 

気管支炎や気管支喘息の治療に使われることが多い漢方薬ですが、痰を切りやすくする働きがあるため、のどの奥に流れやすいサラサラした鼻水に効果があると言われています。

 

後鼻漏の症状によって選択する漢方薬の種類も変わってきますので、漢方に詳しい薬剤師さんが常駐している薬局で相談、確認してから購入するようにしましょう。

 

 

 

 

このページの先頭へ