口臭 自分

自分の口臭、息の臭さを調べる方法について特集しています。フロスを使う方法や唾の匂いでかんたんに調べる方法etc....
MENU

自分の口臭を知る方法は糸ようじの臭いレベルでわかる

 

皆さんは自分の口臭がどのくらいのレベルか把握していますか?

 

そもそも口臭があるかないか自体、自分ではなかなか気づかないようなものですから、臭いレベルとなると余計把握しづらいですよね。比較対象もないですし。
かと言って、周りの人に聞くというのもかなり抵抗がありますよね。

 

私も「自分の口臭がどのくらい臭いものなのか知りたいけど、人に指摘してもらうのも嫌だしな…。」と思っていたところ、「自分で自分の口臭を知る方法」があることを知り、早速試してみました。

 

自分が思っていた以上に、自分の口臭がキツイ臭いだということが判明。

 

以前勤めていた職場で、仕事の話をしているときも匂いが気になって、内容が頭に入ってこないレベルに口臭がひどい上司がいたのですが、自分の口臭もその上司と同じような臭いだったのでショックでした。

 

それと同時に、自分が知らない間に周りに不快感を与えていたと思うと、申し訳ないと共にすごく恥ずかしくなりました。

 

ここからは、私が実際に行った「自分で自分の口臭を知る方法」をご紹介します。
皆さんもこの方法を試して、自分の口臭がどのくらいのレベルか把握しておきましょう。

 

 

自分の口臭を知る方法は「歯と歯の間にある歯垢の臭いでチェック」すること

 

自分の歯垢や唾のにおいを嗅いだことってありますか?

 

臭くて当たり前だと思われるかもしれませんが、手の甲をペロッと舐めて嗅いでみてください。
ニオイがしましたか?
そのニオイが自分の息の匂いなのです。

 

やり方はかんたん。

 

まずは糸ようじ等の、歯と歯の間の歯垢を取ることができるものを用意しましょう。

 

糸ようじ意外にも色々を種類があるのですが、どのようなものがあるかは、後ほどご説明しますのでその中から自分に合ったものを選択してください。

 

歯と歯の間にある歯垢は、溜まって積み重なることで発酵することで口臭を発生させます。

 

なので、歯間ブラシ等で歯垢を取った後、その臭いを嗅いでみてください。
その臭いが自分の口臭ということになります。

 

 

 

歯間ブラシの選び方、使用方法

 

歯間ブラシを使用するときに大切なのは、歯間ブラシの大きさと自分の歯と歯の隙間の広さが合うかどうかです。

 

歯間ブラシには様々なサイズのものが販売されているので迷ってしまうかもしれませんが、歯間ブラシが小さすぎると上手く歯垢を取ることができませんし、大きすぎると歯茎を傷つけてしまうことがあります。

 

歯と歯の間に無理なく入れることができ、力を入れずに歯間ブラシを動かすことができるサイズのものを選びましょう。

 

大きさの他に、L字型(奥歯での使用に適している)とI字型(前歯での使用に適している)の2タイプがあるので、歯垢を取る場所によって使い分けるといいです。
鉛筆を持つように握り、歯と歯の間に歯間ブラシをゆっくりと斜めに挿し入れます。
そのまま前後に2〜3回動かしてください。使用後は水で洗って、風通しの良い場所でしっかり乾かします。

 

 

デンタルフロスの選び方、使用方法

 

 

糸巻きタイプのもので、ワックス、ノンワックス、エクスパンドの3種類があります。
ワックスは歯と歯の間に入りやすいように滑りをよくしたもの。

 

ノンワックスは滑りを良くする加工がされていないもの。
エクスパンドは、唾液や摩擦を感じると糸が膨らみ、汚れを掻き取るもの。

 

糸タイプのフロスだとREACHが有名ですね

自分の口臭を知る方法

 

初心者のうちはワックスタイプを使い、使い慣れたらノンワックス、エクスパンドを使用するようにしましょう。

 

使い方は、まず1回分の長さを切り取ります。

 

1回分の長さは約40p。
指先からひじまでの長さを目安にするといいです。
デンタルフロスを切ったら、そのまま中指に2〜3回巻きつけてください。

 

巻き付けたら、まだ巻き付けていないほうのデンタルフロスの端を、もう片方の中指にも巻き付けます。
両手の親指と人差し指をデンタルフロスつまんで、ピンと張ってから歯と歯の間にデンタルフロスを入れて前後に2〜3回動かします。

 

デンタルフロスは正しい使い方を習得すれば、歯垢除去率はかなり高いのですが、使用する場所でデンタルフロスの場所が変わるので、使い慣れるまで少し大変かもしれません。

 

 

糸ようじの選び方、使用方法

 

糸ようじはデンタルフロスがホルダーに巻かれている状態のものでなので、デンタルフロスを使うのが苦手という方におすすめです。
糸ようじは奥歯の歯と歯の間の歯垢を取るのに使いやすいT字型のものを選択しましょう。

 

歯と歯の間に上から糸を入れ前後に4〜5回、掻き取るように動かしてください。

 

 

自分の息が臭いというのは既にわかっている場合

  • 息が臭いというのは自覚している
  • どのくらい臭いのかレベルを知りたい
  • もっとかんたんに調べる方法を知りたい

口臭があるかないかの調べ方ではなく、どのくらいの臭さレベルなのかを知りたいという方もおられるでしょう。

 

かんたんに調べる方法は今すぐできます。
それは、自分の唾の匂いを嗅ぐことです。

 

手の甲を舐めてそれを嗅いでみてください。
それがあなたの息の匂いです。

 

コツとしては、舐めてすぐに嗅ぐのではなく20〜30秒くらい経ってから嗅ぐことです。
理由はわかりませんが乾きかけのほうが匂いがわかりやすくなります(私の経験則です)

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ