口臭 膿栓

膿栓が原因の口臭はどんな臭いがするのか、臭いの特徴や対策法についてまとめています。
MENU

膿栓の場合の臭いの特徴

 

膿栓は扁桃腺周辺の隙間にできる乳白色の塊のことで、食べかすと細菌、白血球の死骸が集まってできます。
別名臭い玉とも呼ばれていて、その名のとおり、潰すと強烈な臭いを発するのが特徴です。

 

具体的にどんな臭いなのかというと

  • ニラのような臭い
  • ニンニクのような臭い
  • 下水道のような臭い
  • ドブのような臭い

等が挙げられます。

 

私もふとしたときに喉の奥から出てくることがあるんですが、本当に凄まじい臭い。
こんなものが自分の口の中にあるかと思うと、臭いが他の人に伝わっているんじゃないかと心配になってしまいますよね。

 

 

口臭が膿栓特有の臭いに該当する場合

 

自分の口臭の臭いと、膿栓の臭いの特徴が一致する場合、膿栓が発生させないような体質改善を行うことで口臭を抑えることができます。

 

膿栓が出来ないようにする予防方法についてご紹介しますので、しっかり対策をして口臭の解消を目指しましょう。

 

 

まずは鼻うがい

鼻うがいは膿栓の元になる細菌等を取り除くができ、口から洗浄液を吐き出すときに、膿栓も一緒に取れることがあります。

 

使い方は、鼻から入れた生理食塩水や鼻うがい用の市販薬で鼻の中を洗い流します。

 

鼻うがい用の市販薬には、鼻から洗浄液を流し込んで、そのまま鼻から出すタイプのものと、鼻からいれた洗浄液を口から吐き出すタイプのものがありますが、蓄膿症の予防として使う場合は後者を使いましょう。

 

先ほども触れましたが、口から吐き出すことで、出来てしまった膿栓が洗浄液と一緒に吐き出されることがあるからです。
生理食塩水を使用する場合は、薬局でも市販のものが売られていますが、家にあるもので簡単に作ることができます。

 

鼻うがいの洗浄液は自宅にあるもので作れます

作り方は、100tの水に塩1g程度を入れて完成です。
水と塩があれば簡単に作成できるので、続けやすいです。

 

スポイト等を使って作成した生理食塩水を鼻から流し込んで、口から吐き出します。

 

鼻うがいは、1日に1〜2回までを目安に行いましょう。

 

一日に何回も行うと、鼻の粘膜を傷つけてしまうことがあるからです。

 

ドライマウスの改善も膿栓の予防に有効的です

口の中の乾燥は、殺菌作用がある唾液の量も減ってしまうので口内に細菌が増殖してしまい、膿栓の発生に繋がります。

 

ドライマウスを改善するには、唾液の分泌量を増やすことが大切です。
口の中が乾燥しないように、まめに水を飲んだり、唾液分泌効果があるキシリトールガムを噛む等の対策を行ってください。

 

その他にも、ドライマウスを改善するための商品が薬局等で販売されているので、そちらを利用したり、漢方薬にもドライマウスに効果的なものがあるので、薬局にいる薬剤師さんに相談、確認して購入すると良いでしょう。

 

また、食事をするとき、食べ物をよく噛むようにすると、唾液がよくでます。
よくかみ砕いて食べることで、膿栓の元になる食べかすが口内に残るのを防ぐこともできるので、早食いの方は一口30回を目安にして、よく味わって食べるようにしましょう。

 

レモンや梅干し等の酸っぱい食べ物や、納豆等のポリグルタミン酸が含まれる食べ物は、唾液を分泌する働きがあるので、積極的に取り入れましょう。

 

 

口呼吸をしないようにすることも大事です

鼻呼吸をしている場合は、細菌等の異物を吸い込んでしまっても鼻の粘膜が進入を防いでくれるのですが、普段から口呼吸の場合は、膿栓の元になる細菌等を直接のどから吸い込んでいることになるので、膿栓が発生しやすくなってしまいます。鼻呼吸をするクセをつけるようにしましょう。

 

その他の方法として、口の中をシャワーで洗うという予防法があります。

 

お風呂に入るときに行ってみてください。扁桃腺周辺を水で洗い流すことで、膿栓の元になる食べかす等が溜まらないようにし、膿栓の発生を未然に防ぐことができます。

 

 

 

このページの先頭へ